スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山県高岡市「定塚ギャラリー」に行ってみた。



私も尊敬する藤子・F・不二雄先生の子供の頃住んでおられた場所に建つ家がある、
と聞いて早速行ってみた。

施設外観
(外観)

「定塚ギャラリー」と呼ばれるこの家は、
藤子・F・不二雄先生を尊敬する地元の方々が中心となり、
お金を出し合って非営利目的で運営されておられるとのこと。

玄関
(玄関)

1F展示
(1F展示)

1Fには、ファンの方々から寄せられたグッズや、
地元定塚小学校の生徒さんが書いたF先生に関する作文、
先生が幼少の頃に過ごした高岡のまちの写真などが展示されていた。


中野屋
(高岡にあった中野屋呉服店がF先生にデザインを依頼して製作された買い物袋)


建物2Fは撮影禁止となっていたが、
F先生が子供の頃を過ごした部屋が同級生らの証言をもとに再現されていた。
(再現度高!F先生ファンは必見)

2016年03月現在、
地元有志がお金を出し合って運営しているこの建物内を見学したい場合は、
定塚ギャラリーを運営する団体「Fの会」に入会する必要がある。

2016年04月にこの施設は正式オープンとなるらしい。
(現在、正式オープンに向けて屋内各所改装中でした。)

正式オープン後も入館するには「Fの会」の会員、
または幇助会員になる必要がある。
(会員:総会での議決権がある。
 幇助会員:総会に出ることはできない。)

# 権利問題があるため、
# 現在のところ一般向けの開放は予定されていないらしい。
#
# 同じく権利問題のため、対外的・公式には
# 「F先生が過ごした頃の昭和の高岡を紹介する施設」
# ということになっている。ファンが勝手に
# ジオラマを作ったり、グッズを持ち寄っているということに
# なっており、
# (c)藤子プロ公式のものは一切展示されていない。


会員または幇助会員になると、
興味深い内容が盛りだくさんの会報
「Fの会だより」が送られてくるようになり、
各種イベントにも参加できるようになる。

藤子・F・不二雄先生ファンの皆さんは
是非この機会に「Fの会」に入会されてはいかがだろうか。
スポンサーサイト
プロフィール

anitaka

Author:anitaka
世界中で放送されている日本のアニメへの、海外視聴者からの反応などを翻訳していきます。

スポンサー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
スポンサー
 
 
 
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。