FC2ブログ

色づく世界の明日から(第12話)海外の反応

色づく世界の明日から(第12話)「光る 光る この一日が光る」海外の反応です。

1545421544282.jpg

海外放送はAmazon US、Amazon UK、Prime Video International
MALスコア: 7.60

コメント元はreddit、4chan
-----------------------------------------
↓↓↓↓海外の反応ここから↓↓↓↓
-----------------------------------------
・名無し

8CqizFk.jpg

いやらしい・・・。


 →・名無し

 彼女が消えてしまうっていうのなら
 誰だって手を握るだろうな。


・名無し

1545417790920.jpg

あさぎの幸せな様子は、とても良い。


 →・名無し

 あさぎがジャンプする様子はとてもかわいかった。


・名無し

1545427273006.jpg

将には、今気づいてくれることを期待する。


 →・名無し

 将は鈍感すぎる!


・名無し

xlLwTTy.jpg

唯翔のお母さんは ひとみを唯翔の嫁候補として認めている。


 →・名無し

 素晴らしい。

 まるで孫が早く生まれるのを待っているみたいだね。


・名無し

z7XkH6t.jpg

ひとみが準備をしている様子は悲しい。 :(


LM6oFeR.jpg
「いつか私も自分に自信が持てるようになったら」

時間をかけるな。すぐに告白しろ!


7454tiv.jpg

クソ唯翔め、何か言えよ!


41LIzog.jpg

ひとみは花火を見ることが出来た!

ひとみの色盲は、幸せと関係しているようだ。

彼女は、母親がいなくなったときに
色盲になったのかな。


z6tvyyl.jpg

今回はそこで終わるのかー!

ひとみがいなくなる前に
唯翔には何か言ってほしい。本当に!


次回、どんな結末になるのかオレには全くわからない。

頼むから満足できるエンディングになってくれ!


・名無し

ハッピーエンディングを希望するオレの推理だが、
ひとみ物理的には離れ離れにならないんじゃないかな。

ヒントは、金色のサカナとOPだ。

金色のサカナは第1話と第6話に登場しているが
最近は登場していない。最終話で出てくるだろう。

OPのアニメは本編の伏線にはなっていないが、
OP曲の歌詞はひとみについて書かれていて
そしてそれは悲しい内容ではない。


ひとみが未来に帰らない、ということはあり得ないけど
ハッピーエンディングになると思うんだ。


 →・名無し

 未来でも、60年前の世界でも、
 デジタルイメージの中に入ることはできるんだ。

 写真をたくさん撮って、2部ずつプリントアウトして、
 1部はひとみが未来へ持って帰る。

 未来ではひとみが、
 過去では琥珀が、
 同時に絵の中に入る魔法を使えば
 時間を超えて世界が繋がれて、
 また会えるんじゃないかな?


・名無し

1545418313430.jpg

オレはおなかが空いてきた。


・名無し

1545424013136.jpg

唯翔の妻だ。


・名無し

1545422966273.jpg

唯翔にファンができた。

ひとみは注意しなきゃ。


・名無し

1545443727990.jpg

ひとみは彼のことを認識できていない。

本屋さん=おじいちゃん説は否定されたのか?


・名無し

1545471927462.jpg

「ムリです」ちゃんは、自分の名前が
紹介されたのに全くリアクションできない。


・名無し

このアニメ、この微妙さが良いよね。

ひとみは魔法の本屋である一柳を見たとき、
すぐに全てを理解した、って表情になった。


次週で終わってしまうのが本当に残念だ。


 →・名無し

 ひとみがこの時代にやって来なければ、
 琥珀が真剣にあの本屋で調べることをしなかっただろう。

 これまでは単に本を借りて
 簡単な会話をしていただけだろう。

 本屋と琥珀を親密にさせたのは、ひとみってことだよね。


 →・名無し

 あのシーンは
 星砂時計を紹介するためのシーンであって、
 本屋さんがひとみのおじいちゃんだってことの
 証明ではないんじゃないかな。

 (その可能性はあるけどね。)


・名無し

この場面のひとみの表情について
議論が起きているな。


 →・名無し

 琥珀がおじいちゃんの名前を言った途端、
 ひとみは表情を変えた。

 これは確実だと思うけどな。


 →・名無し

 ひとみは、こんな感じだったと思う・・・。

 「この人知っている気がする」
 「この頭の傾き・・・」
 「もしかして、おじいちゃん!?」
 「笑顔・・・」
 「やっぱりだ。この二人はこの後、関係を持つんだ!」


・名無し

1545454677297.jpg
「無賃乗車は違法ですよ。」

オレは違法なタイムトラベルを行った罪で
刑務所に入れられるひとみが見たい。

おばあちゃん琥珀が、
彼女に運賃を持たせなかったからね。


 →・名無し

 未来へ帰るとき、
 ひとみはどうやって正当な運賃を支払うのだろう?


 →→・名無し

 きっと彼女はカラダで払うんだ。

 そして、幸せを知った彼女は
 その後ずっと色が見えるようになる。

 それが本当の琥珀おばあちゃんの計画だったんだ。


・名無し

今回のエピソードはストレスがあったよ。

オレはまた前回のように
ひとみが消える瞬間をずっと待っていたんだ。

(たとえば、お化け屋敷の中でとか)


今回は嵐の前の静けさのような回だった。

だから、オレの涙の水道設備の仕事は
一週間後に持ち越すことができた。


・名無し

オレの不安は屋根を突き破るレベルだったよ。

なぜなら、琥珀がちゃんと送り帰す前に
ひとみが消えてしまうんじゃないかと
ドキドキしていたからね。

ひとみが花火の色を見たシーンで
やっと落ち着くことができた。


次回の話はオレは殺してしまうだろうね。

ひとみが未来へ帰る前に
二人は愛を誓い合うと思う。

もしそうじゃなかったなら、
オレはテーブルをひっくり返すよ。


・名無し

1545423221180.jpg

最終話は悲しい結末になるのかな?


 →・名無し

 Yesだな。

 だけど、ハートウォーミングな何かもあると思う。


・名無し

なぜだかわからないけど、
次回の最終話は大どんでん返し的なことが
起こる気がする。


・名無し

唯翔は絵本向けのイラストレーターになるんだ。

ただ、ひとみを幸せにするためにね。

とてもスウィートだ。

おそらくそれが
報われない愛に対して彼のできる最善のことだろう。


・名無し

彼女が未来へ帰る前に告白してくれー!

でないとオレは死んでしまいそうだ。


・名無し

オレは泣いていないよ。

キミが泣いているんだ。


・名無し

今回のエピソードを見てオレは気分が悪くなった。

どうやら次回のエピソードは
オレをめちゃくちゃに破壊しそうだ・・・。


 →・名無し

 ストーリーは上手くいっている。

 もっと話数がたくさん残っていたら良かった。

 安らかに眠れ、次週のオレの目よ・・・。


・名無し

このクリフハンガーは違法だろ!

そして、
次週予告プレビューのひとみの声は
オレを心配にさせたよ。


・名無し

1545420689677.jpg

次回も美しい回になりそうだ。


 →・名無し

 ピアノでOP曲が流れていた。

 まるで感情の列車がもう駅に到着したみたいにね。

 次週、オレたちはその列車に乗らなくてはならない。 :P



-----------------------------------------
↑↑↑↑海外の反応ここまで↑↑↑↑
-----------------------------------------



色づく世界の明日から 月白 瞳美 抱き枕カバー 160cm×50cm 2wayトリコット




Marguerite フライ作品集



未明の君と薄明の魔法<通常盤> TVアニメ「色づく世界の明日から」エンディングテーマ


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 海外の反応 2018秋アニメ

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ最終回か…
本当に翻訳おつです

No title

 翻訳ありがとうございます
 
 この前イオンのフードコートでこれのOP曲流れてた。
 目の前のラーメンと頭の中のアニメとの落差に
 笑いそうになった。

 最終回放送は何か複雑だなぁ。
 切ない結末もありなんだけど...

 
 

No title

劇的な先週と比べると今週は動き少なめ
瞳美と唯翔にとって貴重な1日を他の部員たちと見守ったって感じか

未来へ送り返す儀式をしつつも唯翔に対しての心残りが一波乱を呼ぶのかな

しかし、背景・OP・ED・サントラ、全て美しいアニメだなぁ
円盤欲しいけど、繰り返し見るような作品じゃないから悩むね

No title

戻ったら祖父になってた、、、だったら笑うしかない。
プロフィール

antakaoka

Author:antakaoka
世界中で放送されている日本のアニメへの、海外視聴者からの反応などを翻訳していきます。

スポンサー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
人気記事ランキング
リンク
スポンサー