FC2ブログ

色づく世界の明日から(第13話)海外の反応

色づく世界の明日から(第13話)「色づく世界の明日から」海外の反応です。

irozuku_ep13title.jpg

海外放送はAmazon US、Amazon UK、Prime Video International
MALスコア: 7.65

コメント元はreddit、4chan
-----------------------------------------
↓↓↓↓海外の反応ここから↓↓↓↓
-----------------------------------------
・名無し

1546040499439.jpg
「未来で待ってる。かならず生まれてきてね。」

でも、それはキミの頑張り次第だよね。


 →・名無し

 それは心配無用だよ。


1546039328274.jpg

何!?

 →・名無し

 未来の琥珀が時間魔法を使うと
 可能なことなのだろう。

 おそらく「レベル77」とは、
 琥珀が77才だという意味だろう。


 →・名無し

 "Hitomi returned safely, good job"って。

 このシーンはオレをクスクス笑わせたよ。


 →・名無し

 Hacking to the gate.


・名無し

1546047339044.jpg

バスから降りるとき、かわいくホップしたね。

ひとみはこんなにも可愛い自閉症ちゃんだ。


・名無し

1546050585834.jpg

時間旅行について説明するひとみは
オレを感情的にさせた・・・。


・名無し

1546044359719.jpg

衛星が回っているみたいな
未来っぽい花火だね。


・名無し

1546044822837.jpg
「私、幸せになってもいいのかな?」


今季のベスト最終話だった。


・名無し

オレは今回のエピソードの間ずっと
必死に希望を探していた。

ひとみが60年前の友達と一緒にいられる
わずかな、わずかな可能性でもないのかと。


・・・涙の水道設備は準備完了だ。


 →・名無し

 唯翔も中に入っていったから、
 オレはてっきり唯翔も未来へ移送されたんだと思っていた・・・。
 gpGvoDx.jpg
 E04rs24.jpg


 →→・名無し

 オレもそうなんだと確信していた。

 でも、そんなことが本当に起きたら
 オレは少し怒りがこみ上げてきただろう。

 二人にとっては幸せだけど、
 これまでの展開が安っぽい感じになっちゃうからね。


・名無し

唯翔が死ぬんじゃなくて、
ただ老人になった皆が再集結する話のほうが良かったな・・・。


 →・名無し

 本当に唯翔は死んだのかな?

 もしそうだとしても、
 ひとみを含むたくさんの人々に彼のアートで影響を与え、
 唯翔は充実した人生を生きたんだと思う。


 →→・名無し

 ひとみは唯翔のものだと思われるお墓へ行ったよね。


 →→→・名無し

 あれは、ひとみの母親のお墓じゃないかな。


・名無し

誰のお墓だったかについて議論があるね。

個人的には唯翔のお墓だと思う。

その他の説を主張する人のことも理解できるし、
結論は依然として不明確だ。


・名無し

母親のお墓だったというのは明白だよ。


 →・名無し

 ひとみは「琥珀と一緒に」お母さんに会いたいと言ったんだ。

 ひとみはお墓へは一人で行ったんだから
 お母さんの墓ではないよね。

 最も正解に近い答えは、
 「60年前の友達、またはその家族のお墓」
 だろう。


 →・名無し

 あのお墓は間違いなく唯翔のお墓だよ。


・名無し

明らかに、あれは
(今は亡き)色盲だった自分自身の墓
というメタファーだよ。


・名無し

唯翔はひとりぼっちで、
恐らく死んでいるだろうというエンディング。

これは悲しいね。


 →・名無し
 1546039822105.jpg

 少なくとも、彼はたくさん絵本の挿絵を描いて生きたんだ。

 未来からやってきた「彼女ではない女の子」のためにね。


 →・名無し

 オレは驚いた。
 こんなに暗いエンディングになるとは思っていなかった。

 オレの予想していたよりも、かなり悲劇的だった。

 せめて、アート先輩がどうなったのか知りたかった。


・名無し

なんてこった、って感じのエンディングだった・・・


・名無し

1546047413029.jpg

MEDATASHI MEDATASHI...


・名無し

f01Ox5e.jpg

この絵本のシーンでオレは破壊されてしまった。

それまではうまく自分を保っていたんだけど
このシーンはオレを泣かせたよ。


 →・名無し

 唯翔はひどく絶望的だったろうね。

 「他人のために自分ができるベストのことは、絵を描くこと」

 って、
 唯翔にとっては幸せなことではないよね。


 →→・名無し

 「2018年の最も感動的なシーン」候補だよ。


・名無し

PeHe5fj.jpg

ひとみが魔法写真部を復活させたのは良かった。


fKzoRVv.jpg

このお墓は誰のものかを知るのが怖い。

父親は生きていて、
母親は逃げたということはわかった。

みんな誰のお墓か、わかっていると思う。

けど、ただ言いたくないよね。 :(


 →・名無し

 あのお墓は、ひとみの高祖母、
 または曽祖母、曽祖父のもの、だと思う。


 →・名無し

 お墓については本当にわからない。

 13話を経たので
 オレたちは、ひとみの母親よりも
 唯翔に対して圧倒的に感情が結びついているよね。

 ひとみの母親は
 回想シーン以外では一度も登場していないのだから。


・名無し

ひとみのことを想って描かれたあの絵本は良かった。

だけど・・・


正直なところ、オレはとてもがっかりしている。
おばあちゃんは未来にいたけど、
他のキャラたちはいなかったんだ。

オレはここ何週間もの間、
未来でみんなが再開して、その孫たちとも友達になる、
ってエピローグを期待していたんだ。


特にがっかりなのは、
あさぎが「未来の友達」へ手紙を書く、と言ってたこと。

ひとみが、おばあちゃんになったあさぎと再開していたら
本当に感動的なパーフェクトなシーンになったと思う。

あさぎは何年もかけて1000通以上の手紙を書いていただろう。


あの絵本についても、
うさぎのイラストしか見れなかった。

他のキャラクターが動物になったイラストも見たかった。


 →・名無し

 魔法写真部の新メンバーたちは
 間違いなくあのカップルたちの孫だよね。

 1546048097642.jpg


・名無し

このアニメの結論をまとめると、
唯翔や仲間たちがひとみに色を与えた、
ということなのだろう。

恐らく彼女は、
他の仲間たちのお墓を少なくとも1回は訪れているだろう。


 →・名無し

 仲間たちは死んでいないよ。

 現代よりも医学の進歩した未来の世界で、
 みんなは未だ80才未満なんだよ。


・名無し

やはり琥珀は本屋のオーナーと結婚したね。

悲しいエンディングになることはわかっていた。
だが、こんなビタースウィートな結末への準備はできていなかった。

ひとみと唯翔は一緒にいられないけど、
お互いに輝く未来があると思っていた。

ひとみが唯翔の絵本を読み、
友達が動物となって登場したところで泣けたよ。


悲しかったのは、ひとみが未来で
老人になったみんなに会えなかったこと。

でも、きっと、これがベストだったんだろう。


 →・名無し

 > これがベストだったんだろう。

 でも、フィナーレとしては何だか物足りない気がするよ。

 高校時代の出来事が決して忘れられなくて、
 大人になったときに
 みんながお互いに必死に探し合って、
 そして、
 素敵な再会があったほうが
 もっとハートウォーミングで良いエンディングだったよ。


 →→・名無し

 オレはもっと納得がいかない点がある。

 クラブメンバーたちが生きているのかどうかすら
 説明しなかったのが好きじゃないな。

 他にも
 たくさん未回答の疑問が残る形で
 エンディングを迎えたことに
 とても不満を感じるよ。


 →→→・名無し

 さらに、
 未来に戻ったひとみの
 友達たちへの視点が不足していたね。

 過去において、
 ひとみはあんなにみんなと友達関係を築き上げたのに
 未来では一切言及がなかった。


・名無し

え?

本屋のオーナーと結婚したって?

気づかなかった o.O


 →・名無し
 ihpdZoh.jpg


・名無し

琥珀を除く全員は死んでしまったんだと思う。


 →・名無し

 10才も年上の本屋のオーナーが生きていて
 同級生たちが全員死んだなんて、何だか馬鹿げた話だね。


 →→・名無し

 人間の寿命なんてそんなものだよ。


・名無し

このアニメがもし24話くらいあったなら
もっと納得できるストーリーだったと思う。

キャラクターたちの性格付けがまだ不十分だったと思う。


 →・名無し

 (笑)

 話数の長さが問題ではないよ。
 24話まであったらもっと悪くなっていただろう。

 PA Worksだったら絶対に
 12話以内で、もっとキャラクターを発展させられたと思う。
 (「Angel Beats」でもやっていたのだから)

 ペース配分に問題があったのだとオレは思う。


 →・名無し

 良い「グラスリップ」・・・みたいな作品だった?


・名無し

キャラクター達の名前が色の名前だということに
今ようやく気がついた。


 →・名無し

 葵   = 青色
 琥珀  = アンバー色
 あさぎ = 明るい黄色
 くるみ = ウォルナッツ色
 千草  = 少し暗い緑青色
 山吹  = 黄金色
 瞳美  = 目のひとみ
 月白  = 月+白


・名無し

(1) 楽に寝転んで

(2) 泣かないように努力して

(3) たくさん泣く。

クソ。なんて感情的なエンディングなんだ。

何だか慌ただしい感じの終わり方だった。

しかし、それでもなお、良かった。


・名無し

http://i.4cdn.org/a/1546042452677.webm
※アニメ描き下ろし“お湯を注ぐと色づく”マグカップ

これは本当にクールだね。


-----------------------------------------
↑↑↑↑海外の反応ここまで↑↑↑↑
-----------------------------------------

最終話、良かった。自動で戻ったのにも満足。カラビ=ヤウバス!
背景もキャラデザインも、声優さんも良かった。美しい作品でした。

「気持ちひとつで世界は変わっていく」



【Amazon.co.jp限定】色づく世界の明日から Blu-ray BOX 3



色づく世界の明日から 月白 瞳美 抱き枕カバー 160cm×50cm 2wayトリコット




Marguerite フライ作品集



未明の君と薄明の魔法<通常盤> TVアニメ「色づく世界の明日から」エンディングテーマ


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 2018秋アニメ 海外の反応

コメントの投稿

非公開コメント

受け手への媚びにも見える半端な恋愛要素のせいか、終盤に向けて物語が薄っぺらく有りがちになった印象。

No title

何でも説明されないとだめな人もいるみたいだけど
想像の余地を残してくれる粋な終わり方だったと思う

No title

キレイな作品でした。
PAは妙に面白い作品を作るから、来年も期待してるよ。
「ウマ娘」2期早よ

翻訳ありがとうございました!
楽しめました

No title

思ったより評判悪くて残念。
自分はキレイな終わり方でこの作品らしい良い締め方だと思ったけどなー。
それにビターエンドかな?十分未来へ希望が残るハッピーエンドだと思ったけど。
まあ元々過去の登場人物との絡みが薄くて大して感情移入してなかったせいだと思うけど。
途中までは薄い作品だと思ってたけど最後は熱くて切なくて美しくて感動したよ。
なんか久しぶりにキレイに終わったアニメ見た感じがする。

No title

ジジイババアになった友達が出てこないから良いのに
感動の再開みたいなのあったら逆に安っぽいだろ

今作は賛否両論だとおもったよ、自分も今ひとつ足りないくらいに感じてたし尺不足も要因の一つだし、それでも2018年の締めには立派な最後の一つだった、瞳美の成長譚て考えれば納得は出来なくても最高作品には感じた

No title

考察狙いなのかもしれないけど、こういう尻切れな終わり方は大嫌いだな。
1話でPAの青春モノにしては珍しく期待できたんで最後まで見たんだが。
一応の感動はあったけど、綺麗が「過ぎて」、たいした余韻もなくストレスが残った。
未来に帰るまでに尺の2/3使ってる時点で「嘘だろ」だったし、未来での実生活シーンに至ってはたったの1分ほど。
自分もお墓の件とか何でも一々説明すればいいとは思ってないけど、粋がってんなよと思う。
見てるこっちが報われない。

これで良かったと思われる方々にはごめんなさい。
投票サイトでは高評価のようです。
https://youpoll.me/9709/r

あと5分くらい見たかった。みんなとのこととか、前と変わった主人公の学校でのことや友人関係とか。そこが少し物足りなく感じたけど、でも十分おもしろい作品だったよ。最終話まで見て満足だった。

No title

明らかなペース配分ミス。
「何でも説明されないとだめな人もいるみたいだけど」とか言ってる人もいるが、
無駄な説明のない良質なストーリーと、
単なる描き切れていないストーリーを混同してはいけない。

No title

自分の妄想した結末以外許さないっていうやついるよな

No title

>暗いエンディング
>悲劇的

えええ…人の感じ方はそれぞれだなあ

俺も未来で年老いたかつての友人たちとの再会を期待してたクチだけど、まあなくても良かったかな…と思える爽やかな終わり方だった

No title

順当な締め方だよな。お墓はゆいとと即思えた。存命ならば、会わない、少なくともひとみの姿をゆいとに見せないというのはないからね。
まあ77歳まで行かなかったってことは60年後を思えばアクシデントの死だよな。
他男女4人は結婚したかしないかだがそこにあえてドラマを想像させるようなことは余計。5人の老いた姿を見せることは避けたい。これはアニメ作品として。

あと老琥珀の声が島本須美だが、10代の方の声はもう無理なのか。クラリス、ナウシカの声は出せないのか。

No title

可もなく不可もない作品だったな。ただ、グラスリップの悲劇は避けられて良かったww

No title

野暮を承知で書き込みますと、「月白」も色の名前で、
限りなく白に近いブルーです。

No title

このラストでじゅうぶんでしょう!
70代になった昔の友達と会うシーンとか、どんな内容だったら満足するん?

しいて言うなら、あのタイムカプセルの内容で泣かせても良い気がするけど
そうすると瞳美が色が見えるようになったラストがボケるからな

No title

管理人さん、翻訳ありがとうございました!
個人的に気に入っている作品だったのですが
あまり話題にもならず、翻訳サイトは次々に打ち切られていく中
このサイトだけが楽しみでした。

もうひとひねりあっても良かったかなーとも感じますが
きれいに終わった良作という感想です。

No title

唯翔は瞳美のことをおもっていたけどその後いい出会いがあって別の女性と結婚して、本人は死んでしまったけど孫は生きているというOVAが見たい。

私はあのお墓は母親の墓だと思いました。

その前の場面で、「お母さんを探しに行きたい」という台詞があって、琥珀が嗚咽を漏らします。あれは、死んでいて会えないという意味だと理解しました。

葵君のお墓なら、もっと演出があっても良いと思いますけれど。

No title

泣いちゃった
お墓は母親だろう

No title

自分は「60年」と言う絶妙で思わせぶりな設定をした以上、再会があって欲しかった 
それに向き合ってこその「成長」だと思っていたからね やっぱ物足りない
お墓に付いては実家代々の墓と思っている 彼の墓と言うのは唐突過ぎるかな それなら彼の死を明示しないといけないと感じる
誰かが書いているように綺麗事過ぎたきらいもあると思う

ラストの墓参りシーンの墓は母親含めた親族の墓である可能性もあるように思う。

部活メンバーで生きてる人はいるんじゃないか?ただ彼らは瞳美に会おうとはしないのかもな。彼らは確かに高校時代瞳美と過ごした。でも瞳美は色を取り戻して本来の場所に帰ってった。その時点で部活メンバーはケジメをつけたんだ。もう彼女には会わないってね。だからあえてタイムカプセルとして思い出を残しているのも分かる。
プロフィール

antakaoka

Author:antakaoka
世界中で放送されている日本のアニメへの、海外視聴者からの反応などを翻訳していきます。

スポンサー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
人気記事ランキング
リンク
スポンサー