『心が叫びたがってるんだ』【海外の反応】「とても味わい深いなエンディングだ。」

kokoro_title.jpg


劇場版アニメ『心が叫びたがってるんだ』の海外の反応です。


※※※※※※!!注意!!※※※※※※
かなりネタバレを含みます。
未視聴のかたは読まないで下さい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※


(コメント元はreddit)

-----------------------------------------
↓↓↓↓反応ここから↓↓↓↓
-----------------------------------------

・名無し

これはオレが初めて劇場で見たアニメ映画だよ(1月のことだけどね)。

映画は、ほんの少ししか楽しめなかったよ。
あまりに公式から外れすぎていていたからね。


ロマンスドラマが陥りやすい落とし穴を避けようとしていたね。

だけどこれはカーブボールを投げ過ぎだったようだ。
(最後のカップリングのシーンみたいなね)


音楽はとっても楽しめたよ。

これはミュージカルを取り扱った数少ないアニメだね。


kokoro0.jpg


 →・名無し

 > これはミュージカルを取り扱った数少ないアニメだね。

 あのミュージカルはアメージングだった。
 アニメーションも好きになれたよ。


 →→・名無し

 Yeah, オレも好きになれたよ。
 クリエイティブで楽しめるものだった。

 オレは、これまでロミオとジュリエットの劣化版のような
 アニメを見てきたので、もう嫌になっていたんだ。

 この作品は新風を吹き込んだよ。


kokoro2.jpg


・名無し

オレはこの作品のエンディングは完璧なエンディングだったと思うよ。

オレの考えでは、彼女は
父親からの言葉にとてもショックを受けたので、
自分自身に呪いをかけたんだ。

そして、自分には王子様が必要だと
自分自身を騙し続けていた。

だが、最後には自分には王子様は必要ないことに気がつくんだ。


最初オレは、女主人公がタクミとくっつくことを期待していた。
だけどそれが叶わなかったことを良かったと思うよ。


なぜならオレは田崎が本当に好きなキャラだったし、

女主人公は、彼女のことを望んでいる人がいるという経験を
することができたんだから。


グレートなエンディングだったよ!!!!


 →・名無し

 yeah。成瀬と田崎はほとんど同じだということは、
 オレもピキーンときたよ。

 二人とも自分自身の本当の気持ちを隠していた。

 二人は、お互いのことを知り合ううちに
 自分自身のカラから抜けだしたことに気がついたんだ。


kokoro1.jpg


・名無し

このような作品は、ネタバレを読まずに見たほうがいいな。


オレもこの作品は少しだけ楽しめたよ。

ジュンがタクミとくっつかなかったことに
少しいらいらさせられた。


さらに傷口に塩を塗るかのように、
ダイキの告白に対して、
ジュンがどう答えたのかわからなかったんだ!


kokoro6.jpg


・名無し

待てよ。字幕版は公開されたの?
なんてこったい。 :O


 →・名無し

 ブルーレイにはオフィシャルな英語字幕が付いているんだ。
 オレもちょっと驚いたけどね。

kokoro5.jpg


・名無し

2時間の感情の旅は本当にオレにとって価値のあるものだったよ。
くそー。


・名無し

劇場で見たよ。美しい映画だった。


予算の問題だろうが、ときどき怪しげで、
良くないアニメーションの箇所があった。

だが、全体的にみて
この作品は偉大でキュートなものだったよ。


最後の、デタラメのような告白シーンは
なんだか間抜けだった。

だけどオレたちは告白の返答は見なかった。
it's OKだ。

9点/10点中、グレートな作品だ。
多くの感情が溢れだす。


 →・名無し

 オレはデタラメだとか間抜けだとは思わないな。

 ジュンはきわめて自然にみえた。


 本質的には社交的な人にもかかわらず
 数年間も孤独で隔離されていた人が、
 もし自分の気持ちに寄り添ってくれ
 優しくしてくれる人がいたら、それは愛だ、と解釈するだろう。


 オレはこの映画を称賛するよ。
 ロマンスモノにありがちな低いレベルにならなかったことに対してね。

 もしも、ジュンとタクミが一緒にくっつくことになっていても
 オレはそれほど気にならなかったと思うね。


 →→・名無し

 OPでのサメみたいな大きな口を開けた顔は、
 ジュンの告白を意味していたんだな。


kokoro4.jpg


・名無し

今、見終わった。

ホテルのシーンはなんだか他のストーリーと繋がっていない気がしたよ。

なんだか本当に難しい話だったな。


好きになれなかったの理由は、
彼女が今は何故痛むことなく話せるようになったのかが
よくわからなかったからなんだ。

それは「スクランブルエッグ」だからかな?


それ以外は楽しめたよ。

でも、この決定的なことが理解できなかったので
あまり面白くなかったかな。


 →・名無し

 タマゴのことはただ隠喩的な意味なだけだよ。

 成瀬は、一種の自ら引き起こした
 長く話すことが出来ないという精神的な問題を抱えていたんだ。
 喋ると他人を不幸にするんじゃないかという不安からね。


 だけど、あの男が「彼女の言葉はオレを幸せにした」
 と言ったことで、彼女が考えていたことは
 すべてデタラメだということに気がついたんだ。
 (本当は話すことができるということ)

 それで、心の問題は消え去ったんだよ。
 だから話すことができるようになった。


 オレが思うに、ただそれだけだよ。


 タマゴの呪いってのは「ギミック」すぎたけどね。


 →→・名無し

 Yes。ようやくわかったよ!

 でも、あのホテルのシーンでは、
 彼女は全く痛くないのに、
 まるでまだ痛いみたいに表現されていたな。


 急に話せるようになったのは、
 神の啓示があったワケじゃないんだね。


kokoro3.jpg


・名無し

今、映画を見終わった。

本当に見て良い映画だったよ!

オレはロマンスには疎いんだが、
ストーリーはとても良くまわっていたと思うよ。

グレートな映像、グレートな音楽、
そしてあのエンディングは本当にナイスだ!

8点/10点中。


・名無し

くそ。くそだ。すべてがくそだ!

なんだあの馬鹿げたエンディングは!

成瀬順はオレが想像できる中でもほとんど完璧な女の子だったんだ。

外見も、性格も、声も、歌も、シャイなところも、かわいさも
ミステリアスなところも、本当に全てが。

めっちゃ怒りに狂うぜ!!!


・名無し

男主人公と先生の声優は誰だ?
なんだか聞き覚えがあるな。

男主人公はcharlotteのユウだな?

この作品を見る前にちょうどOVAを見たんだ。絶対にユウだな。

先生は・・・、わからない。


 →・名無し

 オレもちょっと考えたよ。
 わかった!

 それは「うたわれるもの 偽りの仮面」のハクだ。


 →・名無し

 先生の声優は、ココロコネクトの先生だよ。
 そして、エウレカセブンのホランドだよ。


・名無し

オレはこの映画を愛していたよ。

だが、急にお芝居の中心に彼女が現れたシーンは
ちょっといかがなものかな。


もしオレが観客の一人だったなら、
あのパートはオレを本当に困惑させるだろうな。

その一点が、
オレの「お気に入りアニメ」に入れなかった原因だな。

だが依然として、9点/10点中だ。


 →・名無し

 オレも同意する。

 プリンスを演じる人がお芝居の途中で
 入れ替わるっていうのも奇妙だった。


 →・名無し

 オレは本当にお芝居の途中に中央に現れたシーンが好きだったぜ。

 オレは彼女が、最初から現れると思っていたんだが、
 だけどあの方法もとっても良かったと思うよ。

 一人がヒロインの外の声を担当し、
 もう一人がヒロインの心の声を担当する。

 個人的な意見だが、とても良かったよ。


・名無し

今はオレの就寝前の時間なんだが、
本当に価値のある時間を過ごすことができたよ。

正直なところ、オレは今感情の旅の中にいるので
これから眠れるとは思えないよ・・・。


この映画は全てが良かった。
そして、エンディングはとっても味わい深いものだった。

アニメ化された映画なんて駄作ばかりで
だいたいは好きになれないと
誰かが言っていた(オレが思ってるだけかもしれない)が、
この作品は新鮮な風を送り込んだんだ!


 →・名無し

 >アニメ化された映画なんて駄作ばかりで
 >だいたいは好きになれない

 「アニメ化された」って世界中のアニメーション映画のこと?
 それとも日本製のアニメ映画のことかな?

 オレはA-1 Picturesの他の映画もオススメするよ。
 「ガラスの花と壊す世界」とか!


 →→・名無し

 ほとんどの日本製アニメ映画のことだ。

 どうして好きになれないのかはわからないが、
 ただ本当に好きになれない。

 オレが心の底から、
 原作をダメにする奴らに「どっかに行っちまえ」って言いたい。

 キミのオススメ作品はチェックしてみるよ。


 →→→・名無し

 ロマンスジャンルがお好みなら、
 「言の葉の庭」をオススメするよ。


-----------------------------------------
↑↑↑↑反応ここまで↑↑↑↑
-----------------------------------------



私はココロコネクトのフウセンカズラ先生のことを考えてしまいました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今更ながら好きな映画の反応記事を発見したのでコメント投下。・・・なのだけれど、期待していたミュージカル部分への言及が少なくてちょっとがっかり。アメリカ人あたりの熱い感想を期待していたんだけどなぁ。個人的には「ミュージカル」というものを題材にしただけでなく展開そのものをミュージカルになぞらえるメタ構造。そして劇中劇それ自体にも変わった技法を用いている上にそれ単体でも面白いという素晴らしさ。かつてミュージカル以外でミュージカルを題材にしてここまでうまく料理されたコンテンツはないんじゃないかと思うほどなんだがな。
物語のテンポや緩急も良くて飽きる事無く分かりやすく、あるキャラの言動を受けて別のキャラに影響を及ぼし、そしてまた違うキャラへ、というリレーも自然でセリフの過不足なく流れるように展開するさま、構成も完璧だった。確かにキャラクターの心情や内面描写は日本的でわかりにくい部分もあったのかもしれないけれど、比較的考察好き(という印象)の外国人の反応で、ホテルで主人公二人の本音がぶつかるシーンやエピローグなどの「外側」しか見てない人が多いようでそこも少しがっかりした。

とはいえ他サイトでは全く取り上げられていないので、翻訳記事ありがとうございました
プロフィール

anitaka

Author:anitaka
世界中で放送されている日本のアニメへの、海外視聴者からの反応などを翻訳していきます。

スポンサー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
スポンサー
 
 
 
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク