「さよならの朝に約束の花をかざろう」(岡田麿里さん初監督映画)海外の反応

sayonara2.jpg

岡田麿里氏の劇場アニメ初監督作品となる「さよならの朝に約束の花をかざろう」(2018年2月24日公開)が発表され、ティザービジュアルと特報映像が公開されました。

それに対する海外の反応です。


(コメント元はANNなど)
-----------------------------------------
↓↓↓↓海外の反応ここから↓↓↓↓
-----------------------------------------

・名無し

P.A. Works +「美術監督が東地和生」= 美しい作品になる。

sayonara3.jpg


・名無し

おーっ!

オレは吉田明彦(キャラクター原案)のアートが大好きなんだ・・・
アニメ化されるなんて素晴らしい。

sayonara4.jpg

彼のアートは他の人のとは明らかに違うんだ。

綺麗なアニメになりそうだ。


 →・名無し

 オレも同意だ!

 どんな作品になるのか、とっても興味があるよ。


・名無し

オレは彼女の作品は好きじゃないし、
監督を任せられたことに驚いているよ。


 →・名無し

 彼女の作品は売れるからね。

 キミの好みは関係ないよ。

sayonara1.jpg


・名無し

岡田麿里・・・

「True Tears」、「凪のあすから」など
オレはたくさんの彼女の作品を楽しんだよ。

だが、
キャラクター同士の関係について
ドラマチックになりすぎる傾向があるし、
愛の三角関係が多すぎる。


この作品はとてもきれいだから、
「M3」のようにはなってほしくないね。


・名無し

岡田作品のファンではなかったんだが、
このPVの映像はオレを魅了したよ。

オレは彼女にもう一度チャンスを与えるよ。


・名無し

岡田麿里氏が監督するなんて
考えていなかったよ。

特に視覚的部分で経験が豊富な誰かが
絶対に、チーフディレクターのような形で
岡田氏をアシストするべきだね。


・名無し

再び、岡田麿里× P.A. Works だ。
期待せずにはいられない。

最高のスタッフ、
そして愛すべきこれまで彼女が手がけた作品群。

また彼女のドラマが見られることに興奮しているよ。


PVは映像的にも超絶的に美しいね。

音楽もとっても良い感じだ。


・名無し

オレは岡田麿里の大ファンなんだ。

楽しみにしている。


・名無し

とても驚異的な人員をスタッフとして集めたようだね。

P.A. Worksは
全力をこの作品に投入するだろう。
待ちきれない。


川井憲次(音楽)!?!?

ナイス!!


・名無し

この作品は、
オレの生涯を通じたベスト作品になる気がする・・・。

変な感情だ。


「思い出のマーニー」に期待していたときにも
同じ気持ちになったね。

そして「思い出のマーニー」は
2014年以降、オレの生涯を通じたベスト作品なんだ。


・名無し

まだ何ヶ月も待たなくてはいけないなんて悲しい。


・名無し

オレはもう涙を感知したよ。


・名無し

「あの花」の脚本家。僕のお気に入りの制作会社。

もうめちゃくちゃ期待しているよ。

望むことは、
死んで悲しむエンディングになってほしくないこと。

そして、
アメリカの劇場でも上映してほしいということ。



-----------------------------------------
↑↑↑↑海外の反応ここまで↑↑↑↑
-----------------------------------------

7月8日から前売り券を発売。

特典は特製クリアファイルとのこと。

okadafilm.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 海外の反応 劇場版アニメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スタッフだけ見ると良さそうなんだけど
岡田さんが監督で何故ファンタジーなのかっていう

一番相性悪そうなジャンルに思えるんだけどね
ファンタジーだと人間関係で共感させるっていうのが難しいし

No title

玄人・通を気取り、人気がある・有名な・流行している物や作品を嫌う。
評論家のようになり、最初から期待することをせず、前情報から粗探しに終始する。
自分は中二病なんかとは違うまともな存在だと思い込む。

   高二病とはより引用


個人的に外人は中二病、日本人は高二病だと思ってるw

No title

いや、マヨイガっていうファンタジーがあったじゃない

No title

ダメな予感しかしない

Gレコのあとオファー0で何も仕事ない富野と
鉄血後TVアニメ2本、劇場アニメ1本、実写映画1本(生田斗真と広瀬すず出演の話題作)、マンガ原作1本、作詞多数で超多忙のマリー
なんでこんなに差がついた・・・

No title

たしかに富野は既に腐った鯛だが
毎日のようにテレビに出てる雛壇芸人と
たまに出るだけで食っていける大物を比較されてもな・・・
プロフィール

anitaka

Author:anitaka
世界中で放送されている日本のアニメへの、海外視聴者からの反応などを翻訳していきます。

スポンサー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
スポンサー
 
 
 
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク